ペアーズ(Pairs)の年齢確認は安全?年齢確認のやり方と安全性を詳しく解説

マッチングアプリ研究メディア「MATCH TODAY」編集部です。

ペアーズ(Pairs)で出会うためには「年齢確認」が必須です。

「年齢確認はなぜ必要なの?」「年齢確認に使える書類は何?」「年齢確認は安全なの?」など、不安をお持ちかもしれません。

今回はペアーズ(Pairs)の年齢確認について詳しく解説していきます。

ペアーズをこれから始める方や年齢確認について疑問や不安がある方は参考にしてみてください。

ペアーズ(Pairs)の年齢確認が必要なワケ

年齢確認が必要なのはペアーズに限った話ではありません。

すべてのマッチングアプリで年齢確認が必要になるのです。

その理由は「法律で義務付けられているから」です。

18歳未満の児童と出会うためにアプリが利用されないようにしています。

出会い系サイト規制法という法律を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、正式には「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」という名称です。

この法律ではマッチングアプリなどのインターネット異性紹介事業の運営に対して、「利用者が児童でないことの確認」を義務付けています。

年齢確認しないとメッセージができない

法律で義務付けられていますので、ペアーズ(Pairs)などのマッチングアプリでは、年齢確認をしないとメッセージができない仕様になっています。

メッセージができないと出会うことができませんので、マッチングアプリを利用する意味がなくなってしまいます。

マッチングアプリを使って出会いたいのであれば年齢確認は必須になるのです。

年齢確認がないマッチングアプリは危険

海外のマッチングアプリや運営元がはっきりしていないアプリの場合、年齢確認が不要な場合があります。

これらのアプリは法律を無視している違法アプリです。

利用者も罰せられる可能性がありますので、そのようなマッチングアプリを見つけても絶対に利用しないようにしてください。

ペアーズ(Pairs)の年齢確認に必要なモノ

ペアーズ(Pairs)の年齢確認の必要性が分かったところで、実際に年齢確認をするのに必要な書類を確認していきましょう。

運転免許証

運転免許証はペアーズ(Pairs)の年齢確認に使えます。

免許証全体を写した写真を提出する必要があります。

一部を隠したりすると審査ができませんのでご注意ください。

健康保険証

健康保険証もペアーズ(Pairs)の年齢確認に使えます。

こちらも証明書全体を写した写真を提出することで年齢確認ができます。

パスポート

パスポートもペアーズ(Pairs)の年齢確認書類として認められています。

なりすましを防ぐために証明書全体を写した写真を提出する必要があります。

その他書類(学生証など)

その他に年齢確認書類として認められているのは「住民基本台帳カード」「マイナンバーカード」「学生証」「社員証」「障害者手帳」「自衛官診療証」などがあります。

クレジットカードなどは認められない

クレジットカードでは年齢確認ができません。

また、公的機関から発行されていても「マイナンバーカード通知書」「年金手帳」「住民票」「仮免許証」「日本国外で発行された証明書」「有効期限が切れている証明書」などは年齢確認書類として認められていません。

ペアーズ(Pairs)の年齢確認は安全?危険はない?

「ペアーズ(Pairs)の年齢確認は安全なの?」「危険性はない?大丈夫?」「身分証を提出するのが怖い…」という不安をお持ちの方もいるでしょう。

ペアーズ(Pairs)は日本国内の法人が運営し、世界最大のマッチングアプリ運営企業であるIACのグループ会社です。

IACはニューヨークを拠点とし、NASDAQに上場しているインターネット事業会社になります。

個人情報は厳重に管理されています。

プライバシーポリシーによる規定

ペアーズ(Pairs)のプライバシーポリシーでは個人情報の安全管理について以下のように規定されています。

個人情報の安全管理

当社では、個人情報を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律その他個人情報保護に関する諸法令に関し、個人情報保護委員会および所管官庁が公表するガイドライン類に定められた義務、ならびに本ポリシーを遵守します。 また、当社では、利用者よりお預かりした個人情報は、組織的、物理的、人的、技術的施策を講じることで個人情報への不正な侵入、個人情報の紛失、破壊、改ざん、及び漏えい等を防止いたします。

第三者機関によるチェック

ペアーズ(Pairs)は個人情報による取り扱いを第三者機関にチェックしてもらっています。

チェックしている第三者機関は一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)提供の「TRUSTe」です。

TRUSTeについて

TRUSTeは独立した組織であり、インターネットにおける公正な情報使用の促進を通して、個人情報の適切な取り扱いを基礎としたユーザーと企業間の信頼関係を築くために活動しています。 株式会社エウレカは、お客様への個人情報保護に対する公約を実施するため、その使用について情報を開示することに同意し、また公約の遵守のためにTRUSTeによって、情報使用の実態を監査されることに同意しています。 Pairsのプライバシーポリシーや、Pairsにおける個人情報の取り扱いについて質問等がある場合は、下記お問い合わせ窓口までご連絡下さい。 尚、株式会社エウレカからの対応にご納得いかない場合TRUSTeへご連絡ください。その際、TRUSTeは株式会社エウレカへの連絡役として、お客様の問い合わせを解決すべく活動いたします。

このようにペアーズの個人情報の管理体制は非常に厳重ですので、安全性は非常に高いと言えます。

ペアーズ(Pairs)年齢確認のやり方・方法

ペアーズ(Pairs)年齢確認のやり方を見ていきましょう。

  1. ペアーズを開く
  2. メニューの「その他」を選ぶ
  3. 「年齢確認をしてメッセージを楽しもう」をタップする
  4. 年齢確認に利用する証明書を選択する
  5. 証明書を撮影する

手元に年齢確認に利用する証明書を用意しておけば、あとはすべてアプリ上で完結するので簡単です。

ペアーズ(Pairs)の年齢確認が終わるまでの時間

ペアーズ(Pairs)の年齢確認は証明書提出後、スタッフの審査が入ります。

年齢確認にかかる時間は証明書提出後1時間以内が目安になります。

深夜帯や混み合っている場合は翌日になる場合もありますが、概ね1時間以内で年齢確認が完了します。

ペアーズ(Pairs)の年齢確認ができないときの対処法

「ペアーズ(Pairs)の年齢確認ができない…」という場合に確認してほしいポイントをまとめておきます。

証明書の画像が見切れている

年齢確認に使う証明書の写真は全体がはっきりと写っているものを使うようにしてください。

一部が見切れていたりすると、審査で否認となってしまいます。

証明書の一部が隠されている

証明書の氏名や生年月日、住所など一部でも隠れていると審査に通りません。

年齢確認に使う証明書は全体が写っている画像を使うようにしてください。

証明書の写真が不鮮明

証明書全体が写っている写真でも写りが不鮮明で文字の視認性が低いと審査に通りません。

顔写真は必須ではありませんので、顔写真を提出したくない方は、顔写真がない証明書を利用するようにしましょう。

ペアーズ(Pairs)の年齢と証明書の年齢が違う

証明書を提出する目的は年齢確認です。

ペアーズのプロフィールに登録された年齢と提出した証明書の年齢にズレがあると、当然ですが、審査に通りません。

Facebook登録した方はFacebook上の年齢に誤りがないか確認してみましょう。

ペアーズ(Pairs)の年齢に間違いがないかも確認してみてください。

ペアーズ(Pairs)の年齢確認は安全?年齢確認のやり方と安全性:まとめ

ペアーズ(Pairs)の年齢確認は世界的にみても安全性が高いと言えます。

それでも個人情報を提出するのが怖いというのであれば、年齢確認書類として認められたもののうち、情報量が少ない証明書を選ぶと良いでしょう。

例えば、顔写真を提出したくないなら、免許証やパスポートではなく、健康保険証を利用してください。

年齢確認の方法は簡単です。手元に証明書を用意すれば、あとはすべてアプリ上で完結します。

年齢確認には1時間ほど時間を要します。

完了するまでの間は別のマッチングアプリを利用するのがおすすめです。

マッチングアプリで良い出会いを見つける最大の秘訣は「数をこなすこと」なのです。

マッチングアプリを3〜5つほど掛け持ちすると出会いを最大化でき、素敵な出会いを見つけるまでの期間も短くて済みます。

マッチングアプリを使った婚活・恋活は3ヶ月程度の短期集中型がベストです。

あまり長引かせると疲れてしまいます。

以下のランキングからマッチングアプリを3〜5つ選んでダウンロードしてみましょう。

まずは無料でいいねを使い切り、会ってみたい人とマッチングしてから有料会員になることを検討すればOKです。

マッチングアプリおすすめランキング