23万円使った男が教える!本当に会えるマッチングアプリランキング

「彼女がほしいけど出会いがない・・・」
「マッチングアプリを使っているけど彼女ができない・・・」

そんなあなたに問いたい。
「女性と出会うためにいくら投資しましたか?」
「マッチングアプリにいくら使いましたか?」

僕は彼女ができるまでに14のマッチングアプリを使い、23万円課金した。
デート費用も含めると35万円だ。
服や香水、ジムやサプリメントの費用も含めたら50万円は超えているだろう。

投資はお金だけではない。
仕事以外の時間はマッチングアプリとデートにほとんどの時間を費やした。

正直、無駄な投資もあった。
ただそれによって、アプリごとの特性を掴めたし、出会いやすいアプリ、コスパの良いアプリを知ることができたのだ。

23万円を使った僕だから分かる「本当に出会えるマッチングアプリ」をランキング化した。

「本当に出会えるマッチングアプリ」ランキング

1位:Pancy(パンシー)

出会った女性の数:7人
1人に会うのに掛かったコスト:1,671円
Pancy(パンシー)は出会った女性の人数が最も多く、コストも最安だ。
文句無しでNo1のマッチングアプリである。

インターネット上で口コミを調べてみると評価があまり良くないが、皆ライバルが増えるのを嫌がり悪い評価をしているのかもしれない。

女性の数は大手マッチングアプリよりも少ない。
ただし、男性会員も少ないので超穴場なのである。

僕が彼女と出会ったのはこのアプリだ。

※2018年11月14日追記
残念ながら、Pancy(パンシー)は、2019年3月31日を持ってサービスを終了する旨が発表された。

Pancy(パンシー)の料金や攻略法はコチラ

Pancy(パンシー)サービス終了…評判・口コミはどうだった?

2位:ゼクシィ恋結び

出会った女性の数:5人
1人に会うのに掛かったコスト:2,340円
出会った女性の数、コスト共にPancyに次ぐ高水準を出しているのがこのアプリだ。

ゼクシィのアプリなので結婚を意識している女性が多い。
よって、マッチング率が非常に高くなる
マッチング率が高いとデートまで繋がりやすいのだ。

女性会員が大手マッチングアプリよりも少ないが、男性会員もやはり少ない。
こちらも穴場のアプリである。

ゼクシィ恋結びの料金や攻略法はコチラ

【評判・口コミ・体験談】ゼクシィ恋結びの有料会員になってみた。

3位:with(ウィズ)

出会った女性の数:4人
1人に会うのに掛かったコスト:5,125円
Pancyやゼクシィ恋結びよりも少しコストは上がる。
ただ、女性会員が多いし、かわいい子もいるのでオススメできるアプリだ。

with(ウィズ)の料金や攻略法はコチラ

【体験談】マッチングアプリwith(ウィズ)課金者だけ分かる評価

次点:タップル誕生-tapple

出会った女性の数:5人
1人に会うのに掛かったコスト:19,660円
コストははっきり言って高い。
でも若い女性が圧倒的に多く、新規会員も毎日大量に入ってくる。

若い彼女がほしいなら絶対に使うべきアプリだ。

タップル誕生-tappleの料金や攻略法はコチラ

【タップル誕生-tapple】本当の評価を10万円課金者が明かす

マッチングアプリは複数同時並行が基本

マッチングアプリで彼女をつくるなら複数アプリを同時並行で使うのが基本戦略である。
僕は最低でも3つ、多い時は7つのアプリで有料会員になっていた。

複数のマッチングアプリを並行して使うメリットは4つある。
複数のマッチングアプリを並行して使うメリット

最低でも今回ランキングで紹介したアプリは入れておこう。