ぼっち社会人を最短で脱出!接点がない人との出会いを量産する方法

ぼっちの社会人はなかなか脱出するのが難しい。なぜなら出会いがないから。社会人になると出会いが限定される人がほとんどだ。出会いは自ら掴みにいかなければならない。

ぼっちの脱出方法はシンプル。出会いを増やすことである。出会いを増やすにはマッチングアプリが最適だ。

一昔前の出会い系サイトと違い、マッチングアプリは普通の男女が使っている。Facebook認証や本人確認をしているサービスも多いので、安心して使える。運営している会社は、ほとんどが上場企業である。

ぼっち社会人脱却アプリ

ぼっち社会人を脱出する方法

社会人がぼっちから脱却する方法は、出会いを増やすこと。

ぼっちには、ぼっちになっている理由がある。端的に言ってしまえばコミュニケーション能力に問題があるのだ。高校生までは、必ず部活に入らなければならない、体育祭や学園祭などのイベントが定期的にあり、自然と友達ができる仕組みが用意されていた。

大学生以降は、この仕組みが突如として、なくなる。特に社会人になってから、友達を作るには主体性が求められる。自ら仲良くなるための努力をしなければならない。これがコミュ障にはしんどい。

人付き合いがどんどん面倒になっていき、出会いの場にもいかないから、友達がいなくなる。気づいたらぼっちになっていた。といった状況ではないだろうか?

ぼっちを脱却するには出会いの数を爆発的に増やし、自分に合う人を見つけるしかない。

ぼっち社会人が出会いを量産するツール

コミュ障に問題があるぼっちでも、出会いを量産できるツールが現代にはある。マッチングアプリだ。

マッチングアプリを使ったことがないと、出会い系という感じ良い印象を持たないし、安全性にも疑問を抱くだろう。

マッチングアプリは、20代・30代の若い世代を中心に急速に普及している。アプリで知り合って結婚したという話を聞くことも珍しくなくなった。かつての出会い系サイトとは別物なのである。

冒頭でも述べたが、マッチングアプリは安全性に問題はない。私は、10以上のマッチングアプリを使い、計1000人以上とマッチングしているが、危険な目に会ったことはないし、勧誘を受けたこともない。

数あるマッチングアプリの中でも、特に安全性が高いアプリが気になる場合は「出会いアプリで安心なのはどれ?安全なマッチングアプリを徹底分析!」を参考にしてみてほしい。

ぼっち社会人にマッチングアプリがオススメな理由

ぼっち社会人はコミュニケーション能力に何らかの問題を抱えている。これは恥ずべきことではない。ただし、コミュ障であることを認めて受け入れるべきである。

ぼっちで悩んでいる人種が社会人サークルやパーティーなどに参加するのはオススメできない。リア充やパリピ系の人たちが主流の出会いの場では浮いてしまうのがオチだからだ。

ぼっち社会人の出会いは、マッチングアプリが最適だ。その理由を解説していく。

何の接点もない人との出会いを量産できる

あなたがぼっちであることを知らない、何の接点もない人と出会えるのがマッチングアプリ。職場で浮いていても関係ないし、休日ひとりなのを知られることもない。

普段のあなたを知らない人と出会えるのを大きなメリットだ。実際に会ってみて上手くいかなかったとしても、一生会うことがないのだから気が楽だ。

スキマ時間に出会える

仕事が忙しくて出会いがないタイプのぼっちもいる。マッチングアプリなら、移動中や食事中などのちょっとした空き時間を使って出会うことができる。多忙なあなたにもピッタリだ。

コミュ障でも問題なし

マッチングアプリのコミュニケーションは文章で完結する。返信内容をじっくり考える時間があるので、コミュ力が低くてもキョドる心配はない。

マッチングアプリに、リア充やパリピはいない。ぼっちのあなたと性格的に合う人と出会える可能性が高い。

1対1のコミュニケーション

大勢の人がいる場や複数人のコミュニケーションが苦手なぼっちも多い。マッチングアプリなら1対1のコミュニケーションなので、じっくりと会話ができる。実際に会う前にメールで打ち解けられる点もメリットだ。

恋人ができたら休日ぼっちじゃなくなる

ぼっちが特に寂しさを感じるのは休日だ。彼氏・彼女ができたら、休日はデートすることが多くなる。

季節ごとのイベントも恋人と過ごせるので、孤独を感じることもない。

マッチングアプリは恋人や異性の友達を探している人しかいない。関係を進展しやすい出会いを量産できるツールなのだ。

恋人にならなくても友達になる可能性あり

マッチングアプリで知り合って、彼氏・彼女にならなくても、友達になるパターンもある。恋人を探しつつ、友達ができることがあるので、ぼっち回避に最適である。

恋人はいらないけど友達がほしい場合は、友達を探しやすいアプリを使うと良い。詳しくは「マッチングアプリで友達を作る方法|安全に探せるアプリ3選と穴場」を参考にしてほしい。

ぼっち社会人こそ結婚せよ

恋人とは別れがやってくる可能性がある。ぼっちこそ結婚して家庭を持つべきだ。家族がいれば、ぼっちで悩むことなんてない。逆にたまには、ひとりの時間が欲しくなるくらいである。

マッチングアプリには、婚活ユーザーも多い。恋人・友達・結婚相手を幅広く探すことができるのである。目的別におすすめのアプリがあるので、次の章で解説する。

ぼっち社会人にオススメのアプリ

マッチングアプリは数多くあり、それぞれに特徴がある。目的別にオススメのアプリを選定したので、参考にしてほしい。

恋人を作るなら

ゼクシィ恋結び

「プロポーズされたらゼクシィ」で有名なリクルートグループが運営しているのがゼクシィ恋結びである。

私も課金して使い倒しているが、低コストでたくさんの女性と出会える。理由は明確で、女性会員もメッセージのやり取り制限を解除するのに課金する必要があるからだ。

お金を掛けた分、元を取ろうとするのが人間心理。他のマッチングアプリにいる女性よりも真剣度が高いので、出会える確率も高くなるのだ。

» 参考:【評判・口コミ・料金】ゼクシィ恋結びの有料会員になってみた。

with

メンタリストのDaigoが監修し、上場企業が運営しているwith

特徴は相性診断が充実していること。自分と性格が合う人と出会いやすいので、関係が発展しやすい。コスパも良いので、文句無しでオススメのアプリだ。

» 参考:【体験談】マッチングアプリwith(ウィズ)課金者だけ分かる評価

友達作るなら

タップル誕生

サイバーエージェントグループが運営しているタップル誕生R-18は、10代後半から20代前半の若いユーザーの比率が高い。利用目的は、友達探しや暇つぶしのユーザーが多いのが特徴だ。

30代でも臆することはない。アラフォーバツイチの筆者も出会えている。友達探しにはもってこいのアプリだ。

» 参考:【タップル誕生-tapple】本当の評価を10万円課金者が明かす

クロスミー

クロスミーもサイバーエージェントグループ運営のアプリだ。自分とすれ違ったアプリユーザーとマッチングできるので、生活圏が近い人と出会えるのが特徴。継続的に会う関係なら、住む場所は近いに越したことはない。

» 参考:【評判・口コミ】CROSS ME(クロスミー)で課金してみた。

婚活するなら

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、リクルートグループが運営している婚活アプリである。女性会員も男性と同じ料金を支払う必要があるため、女性の真剣度No1のマッチングアプリと言える。

確実に出会えるアプリだから、男性会員からの評判がすこぶる良い。

» 参考:ゼクシィ縁結び(アプリ)の評判・口コミが高い理由を調査してみた

ユーブライド

ユーブライドは老舗の婚活アプリで実績No1だ。年間の成婚数は2,746組にのぼる。

無料会員でもメッセージが送れるので、課金しなくても出会える可能性がある点も魅力だ。

» 参考:youbride(ユーブライド)の評判・口コミと実際に使った感想

ぼっち社会人を脱出するアプリ

ぼっち社会人を脱出するには出会いを量産する必要がある。最低なツールがマッチングアプリだ。

目的別おすすめアプリは以下を参照してほしい。

恋人探しにオススメなアプリ

友達作りにオススメなアプリ

婚活にオススメなアプリ

未来を変えるには行動するしかない。あなたがぼっちを脱却し、楽しい休日を過ごす日が来ることを祈っている。

マッチングアプリおすすめランキング