マリッシュは無料で出会える可能性がある唯一のマッチングアプリかも

「無料で出会えるマッチングアプリがあったらいいのになー」

って思ったことないだろうか?

僕はある。

非モテは出会いやモテのためにコストを惜しむべきではない
とは言え、なるべくコストは抑えたいと思うもの。

そんな中、無料で出会えるポテンシャルを持つマッチングアプリを見つけた


marrish(マリッシュ)である。


なぜか?

マリッシュは無料会員であってもポイントでメールの送信ができる
ポイントはログインボーナスなど無料で得られる機会がある。

無料ポイントでメールを何通かやり取りしてLINEに移行することができればデートまで持っていける可能性があるのだ。

また、マリッシュは毎日20いいねを無料で送ることができる

いいねもメッセージも制限こそあれど無料で送れる
これがマリッシュが無料で出会える可能性がある理由だ。

マリッシュ

  • マリッシュの評判や評価はどうなのか?
  • ユーザーにはどんな特徴があるのか?
実際に無料会員になって調べてみた

marrish(マリッシュ)とは

運営元

東京都新宿区にある株式会社マリッシュが運営している。

marrish(マリッシュ)の特徴

マリッシュには明確な特徴がある

再婚者に優しい
恋活・婚活だけでなく、再婚やシングルマザー、シングルファザー向けのマッチングアプリという打ち出し方をしている。
再婚者、シンママ、シンパパに対する優遇制度まである
アプリ内で通話ができる
マッチングした相手とアプリを使って通話ができる。会う前に一度電話をしたいという女性も多い。話が合えば実際に会うことになる可能性は高くなるだろう。
マリッシュ

marrish(マリッシュ)の登録方法

マリッシュは以下の方法で登録できる。

  • Facebookで登録する
  • メールアドレスで登録する
メールアドレスで登録できるので、他のマッチングアプリよりも登録のハードルは低いと言える。

Facebookで登録すれば、Facebookの友達がマリッシュ内で表示されなくなるので知り合いにバレる可能性が低くなる

marrish(マリッシュ)の評判や口コミ

気になるユーザーからの評判を見てみよう。

AppStoreの評価とレビュー


AppStore評価:3.0(2018年7月17日時点)

低評価レビューの内容は、バツイチが多い、年齢層が高いというものが多い。これは僕も実際にやってみて感じたことだ。30代後半以上が多い。年齢比率は後述する。

GooglePlayの評価とレビュー


GooglePlay評価:3.1(2018年7月17日時点)

低評価レビューは、バツイチや子持ちが多いという内容がほとんどだ。逆に言えば、それでもいいから結婚したいという男性であればライバルが少なく、狙い目と言える

2chでの評判

マリッシュの2ちゃんねる単独スレッドは存在しない。

» 参考:マッチングアプリ2chの口コミを比較|評価順にランキングを発表!

marrish(マリッシュ)の料金体系

無課金でできること(無料会員)

男性会員

男性の無料会員ができることは以下だ。

  • いいねする(メッセージ付きいいねも可)
  • マッチング後のメッセージ送信
  • 女性からのメッセージの閲覧
  • 足あとの閲覧
まず毎日20回無料でいいねが送れる。
さらに、無料会員であっても5ポイントでメールの送信ができる

上手く行けば無料で出会うことが可能な仕組みだ。

メッセージの送信には年齢認証が必要なので会員登録後はすぐに年齢確認をしよう

女性会員

年齢確認後、すべての機能が無料で利用できる。

課金するとできること(有料会員)

男性ユーザーは有料会員になると、以下の機能が利用できる。

  • メッセージ送信無制限
  • 相手がもらったいいね数が見れる
  • グループ検索
  • 最近メッセージしたお相手検索
  • 毎月PTプレゼント(10P)

料金プラン(男性会員)税込価格

プラン WEB版 Apple Store/Google Play
1ヶ月 2,980円/月 3,400円/月
3ヶ月 2,660円/月(一括7,980円) 2,933円/月(一括8,80円)
6ヶ月 2,330円/月(一括13,980円) 2,466円/月(一括14,800円)
12ヶ月 1,665円/月(一括19,980円) 1,650円/月(一括19,800円)

プレミアム会員

marrish(マリッシュ)にはプレミアム会員もある。
プレミアム会員になると以下の機能が使えるようになる。

  • お相手の特別プロフィール閲覧が無制限
  • 自分をお気にいりした人リスト
  • 人気急上昇検索
  • フリーワード検索
  • 「いいね」数順検索
  • 登録新順検索(プロフ/グループ)
  • 初回メッセージ審査優先
  • お相手のメッセージの未・既読機能
  • オンライン非表示機能
  • 毎月PTプレゼント(15P)

プレミアム会員の料金表(税込価格)

プラン WEB版 Apple Store/Google Play
1ヶ月 2,500円/月 3,000円/月

マリッシュ

marrish(マリッシュ)のいいね

marrish(マリッシュ)のいいねは毎日20回分無料で付与される。

いいねがなくなってしまったらどうすればいいのか?

marrish(マリッシュ)には、いいねとは別にポイントがある
1ポイント消費すると、1回いいねを送ることができる。

ポイントはログインすると無料でもらえる。

ログインボーナス

1日目:1ポイント
2日目:1ポイント
3日目:3ポイント
連続で3日間ログインすることで、5ポイントがプレゼントされる。毎日ログインして、ポイントを獲得しよう。

さらに有料会員とプレミアム会員には毎月ポイントが付与される。

有料会員:10ポイント
プレミアム会員:15ポイント

marrish(マリッシュ)のポイント購入

ポイントは購入することもできる。

marrish(マリッシュ)のポイント価格(税込)

ポイント WEB版 Apple Store/Google Play
10ポイント 980円(98円/1ポイント)
12ポイント 1,200円(100円/1ポイント)
30ポイント 2,680円(約89円/1ポイント)
35ポイント 3,000円(約86円/1ポイント)
105ポイント 6,980円(約66円/1ポイント)
110ポイント 7,800円(約71円/1ポイント)
160ポイント 9,980円(約62円/1ポイント)
330ポイント 22,880円(約69円/1ポイント)

マリッシュ

marrish(マリッシュ)の体験談

実際にmarrish(マリッシュ)を使ってみた体験談を公開していこう。

女性会員の年齢比率

年齢分布は運営の公式Twitterで定期的に公開されている

ユーザーの特徴

30代と40代で70.7%で他のマッチングアプリにはない明確な特徴がある。
再婚者、シングルマザー、シングルファザーを応援するというスタンスであり、我々バツイチにはありがたいアプリだ。

逆に未婚の20代女性を求めるならマリッシュは向かない。

マッチング

無料で20回いいねが送れるのだが、いいねを送りたいと思える女性が少ないので、マッチングしやすいとは言えない。

30代中盤以上の女性でも恋愛対象になる男性であれば、いいねを送る対象が増えるのでマッチング数も増えるだろう。

メッセージ

マッチング後メッセージを送るには無料会員の場合5ポイントが必要になる。
有料会員ならポイント消費なしで無制限にメッセージを送れる。

実績値を公開

いいねを送った数:27人
いいねをもらった数:2人
マッチング数:2人
メッセージのやり取りをした数:1人
LINE交換をした数:1人
実際に会った:0人
まだサンプルが少ないが無料で1名LINE交換に成功している。

マッチングした2名のうち1名は、マッチング後に相手からメッセージが来たのだが、僕的にあり得ない内容だったので返信していない。

業者やサクラはいる?

marrish(マリッシュ)でメッセージのやり取りをするには年齢確認が必要だ。
また、24時間365日のサポート・監視体制もあるので、業者やサクラが入り込む余地はないだろう。

僕が実際に使ってみて不審な女性はいなかった。失礼な女性はいたけども(笑)

攻略法

僕が考えるmarrish(マリッシュ)の攻略法はこうだ。

  1. 毎日20回の無料いいねを送る
  2. マッチングした女性と何度かメッセージする
  3. LINE交換する
  4. デートの約束をする

上記の流れで上手く行けば無料で出会うことができるはずだ。

マッチング数が多くなるとポイントが足りなくなるだろう。そうなったら1ヶ月くらい有料会員になれば良い。

30代中盤以降の女性が恋愛対象になるならmarrish(マリッシュ)は狙い目のアプリと言える。

marrish(マリッシュ)を無料で始めよう!

マリッシュ

20代女子と知り合いたいなら

男が若い女性が好きなのは知っている。
それは本能だからだ。

20代女性と知り合いたいなら以下のマッチングアプリがおすすめだ。
非モテの僕でも20代女子とガンガンデートできている

【評判・口コミ・体験談】ゼクシィ恋結びの有料会員になってみた。 【体験談】マッチングアプリwith(ウィズ)課金者だけ分かる評価 【タップル誕生-tapple】本当の評価を10万円課金者が明かす